協会コラム

バランスボールエクササイズを赤ちゃんと楽しもう!

一般社団法人体力メンテナンス協会が
体力をメンテナンスする手法としてオススメしているバランスボールエクササイズ。

 

お子様からお年寄りまで幅広い方に楽しみながら、程よい有酸素運動を通して
体力メンテナンスが効率よく行えます。

 

そんなバランスボールエクササイズは
産後女性にも赤ちゃんと一緒に楽しんで頂けるエクササイズとしてオススメ!

 

今回はそんな産後女性や赤ちゃんのお世話をされる方へ
赤ちゃんと一緒に楽しむコツ」をご紹介致します!

 

 

バランスボールエクササイズとは・・・

まずは当コラムでも既にご紹介させて頂いてますバランスボールエクササイズを
改めてご紹介させて頂きます。

 

バランスボールは様々な使い方ができるエクササイズツールです。

例えば・・・
ご自宅で座るだけでカラダの歪みを整える椅子として
スポーツ選手が行なっている体幹トレーニングやストレッチ 筋トレ
そして当協会がオススメの体力メンテナンス法として座って弾む有酸素運動。

 

バランスボールは、元々リハビリのために作られたツールであるため、
骨盤などまだ不安定な状態にある産後女性のカラダにも
負担なく安全に使用していくことが出来ます。

 

また、赤ちゃんを抱っこしたまま一緒に弾むことで
バランスボールの揺れが赤ちゃんがお腹の中にいる時の揺れと似ており
産後女性に嬉しい「寝かしつけ効果」を発揮してくれます!

 

 

赤ちゃんを抱っこして弾んで、バランスボールの揺れは大丈夫?

 

一般社団法人体力メンテナンス協会所属の認定インストラクターによるバランスボールエクササイズは、
当協会のメソッドに基づき提供させて頂いています。

 

そしてその協会メソッドは、各種医療従事者や専門家の監修の元 プログラムされており
揺さぶられっこ症候群が起こる揺れとバランスボールの揺れは異なる
という根拠の元に作られています。

 

バランスボールで抱っこしたまま弾む程度の振動は、心配はありません。

むしろ、適度な振動で赤ちゃんの便秘が解消されたり
お腹の中にいるような規則的な振動に身を委ねた赤ちゃんは
泣いてた子が泣き止んで機嫌がよくなったり、寝てしまう赤ちゃんもたくさんいます。

 

そんな赤ちゃんと一緒に弾む効果も嬉しいバランスボールエクササイズ。

今日は「赤ちゃんと一緒にバランスボールエクササイズを楽しんでいただける方法」を
こちらのコラムでもご紹介いたします!

 

 

赤ちゃんとバランスボールエクササイズを一緒に楽しもう!

 

赤ちゃんと一緒にバランスボールエクササイズを楽しむためには
抱っこの仕方」が大切です。

必ず抱っこの仕方を確認した上で、バランスボールを楽しみましょう!

 

①まだ首の座っていないねんね期・寝かしつけの時

 

1)赤ちゃんを抱っこしてからボールに座る
2)赤ちゃんを横抱きにする
3)ボールに座った際 脚の幅を腰幅くらいに開き安定するようにする
4)赤ちゃんの頭 首を肘の内側と胸で支えるように、自身の体へ引き寄せる

※ここでしっかり頭を支える状態ができるので、弾んでも赤ちゃんの頭はグラグラしません。

 

 

②首が座った赤ちゃんと一緒に楽しむ

 

1)赤ちゃんを抱っこしてからボールに座る
2)赤ちゃんを縦抱きにする
3)ボールに座った際 脚の幅を腰幅くらいに開き安定するようにする
4)赤ちゃんをご自身と向かい合うように抱っこし、胴体や脚にまたがせる
4)赤ちゃんの頭 首をしっかり支え、自身の体へ引き寄せる

※ここでしっかり頭を支える状態ができるので、弾んでも赤ちゃんの頭はグラグラしません。

 

なお、バランスボールに慣れないうちは決して無理をせず、意識は常に「赤ちゃん」に向けて、首がグラグラしていないかをこまめに確認したり、思わず勢いよく弾みすぎて赤ちゃんと一緒に転んだりしないよう、安全面にも十分に配慮しながら、弾み始めてみてください。

 

揺さぶられっこ症候群(Shaken Baby Syndrome)について

 

最後に、「揺さぶられっこ症候群(Shaken Baby Syndrome)」は
ちょっと揺らすだけで心配という方もいらっしゃるようですが
揺さぶられっ子症候群という名前だけで「揺らす事=悪い」というのではありません。
正しい情報もこの機会に知って頂きたいと思います。

 

赤ちゃんの頭蓋骨は生まれてから1年くらいの間に急激に大きくなる脳に備えて、とても大きく作られています。
その大きな頭の中に小さな脳と弱い血管がスカスカとした状態でおさまっているので、
新生児から6ヶ月くらいまでの期間が一番気をつける必要があると言われている時期となり、
更に1歳くらいまでの期間は引き続き配慮の必要な時期となります。

 

例えば以下のような動作が危険と言われています。
・頭を2秒間に5〜6回の割合で揺する
・体を10秒間に5〜6回の割合で激しく揺する
・体を20分間左右に揺する
・「高い高い」で空中に投げ上げてキャッチを繰り返す
・両手で抱え、急激に持ち上げゆっくり下ろすことを繰り返す

 

バランスボールで弾む際 抱っこされる赤ちゃんの動きは、慣性の法則にのっとった動きです。

自然に上に上がったものが自然に降りてくる、
無理やり勢いよく高い高いをするのとは動きも方向も異なります。

 

赤ちゃんの好きな「揺れ」と「揺さぶられっこ症候群」の発症に至るような「揺する」という行為は異なり、
弾む際に抱っこされる赤ちゃんに負担はありません。

 

バランスボールエクササイズが安心安全だという情報を知って頂いた上で、
赤ちゃんと一緒に楽しんでくださいね!