協会コラム

コロナ太りなんて怖くない!体力メンテナンスで心も体もヘルシーな私に!!

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって急速に浸透したテレワーク。このテレワークによって、「食べる時間が不規則になった」「同じ姿勢ばかりで、足腰の浮腫みや痛みがひどくなった」「1日の歩数が半数以下になった」など、生活習慣の変化やそれによる心身の変化を実感している人が急増しているようです。

 

世間では「コロナ太り」という言葉が頻回に聞かれるようになっていますが、ある調査によれば、テレワークによって6割近くの人が「以前よりも体重が増えた」という調査結果が出ているそうで、中には10㎏近く増えた人もいるそうです。みなさんは「コロナ太り」になっていませんか。

 

「時々立ち上がったりして体を動かさないと、体力が衰えないか、とても心配だ」と話す人がいるなど、運動不足から健康被害への影響を心配している人も少なくないようです。体を動かす機会が激減することによって、代謝が落ち、それにより生活習慣病などの二次的な健康被害が発症するリスクがあるということ。まずはこのリスクを知ることが大切であり、テレワークが続く今、こうした「健康被害を予防していく工夫」も、私たちの生活には求められるようになっているのではないでしょうか。

 

「体力不足」になっていませんか?

 

一般社団法人体力メンテナンス協会では、運動不足によって体力不足になるメカニズムに注目し、「真の体力」の重要性をお伝えしてきております。ここでいう「真の体力」とは、筋力があるとか、持久力があるといった目で見える運動能力だけなく、もっと根本的な人間であれば誰にでも備わっている「生命活動の基礎となる体を動かす力」のことをさしています。この「体を動かす力」というのは、具体的には、細胞内のミトコンドリアで生産されるエネルギー物質(ATP)のことであり、ATPは適切な有酸素運動によって、酸素を効率的に体内に取り入れることによって作り出されます。

 

たくさん食べたはずなのに、しっかり寝たはずなのに、身体がだるくて仕方ない。こうした症状を自覚しているのであれば、もしかしたらそれは「真の体力」が不足し、体の内側から十分なエネルギーを作りだすことができていないのかもしれません。こうした自覚がある方こそ、積極的に体を動かしてみてください。そして、しっかり酸素を取り入れATPを作りだしていく「体力メンテナンス」によって、体調を整え、体力や気力の充実をはかっていくことをお勧めします。

 

テレワーク中でも簡単にできる運動!それがバランスボールエクササイズです!

 

バランスボールエクササイズの最大のウリは、やはり「家の中でも気軽にできる」という点です。梅雨によって雨天が続いても、またコロナ禍のいま「三密」を避けることで思うままに外出できない状況であっても、バランスボールがあれば、家の中で気持ち良く有酸素運動を行うことが出来ます。こうした屋内で有酸素運動が気軽にできることは、バランスボールが持つメリットのひとつです。

 

さらに、「仕事が忙しく時間がない」「でもコロナ太りをなんとかしたい」と思っている方にとっては、例えば仕事の休憩中に少しポンポンと弾むだけでも、その動作が効率のよい有酸素運動になるため、隙間時間を効率的に活用していくことができます。このお手軽さは、コロナ太りを解消したい方にとっては大きな魅力になるのではないでしょうか。

 

こうしてバランスボールに座り、ポンポンと弾む。そして、楽しく、効率よく有酸素運動を行うことによって、血行を良くし、代謝をあげ、痩せやすいカラダへと整えていくことを可能にします。特に、ゆらゆらと揺れるバランスボールの特性は体幹部を鍛える効果があることから、ウエストラインを引き締めていくことも期待できます。また、ボールひとつあれば「有酸素運動」「筋トレ」「ストレッチ」といった一連のエクササイズをすべて行うことが出来てしまう利便性の高さも、ダイエット生活を継続していく上ではとても心強い味方になってくれるはずです。

 

大好評!ただいま、オンラインレッスンを元気に行っています!

 

一般社団法人体力メンテナンス協会では、外出自粛が始まった3月から、体を動かす機会を失わないでいただきたいと、多くのインストラクターが「オンラインレッスン」を開催しています。ぜひこの機会に、家でも簡便にできる「バランスボールエクササイズの心地よさと効果」を実感していただけたらと願っています!

 

~オンラインレッスン情報はこちらから!~

オンラインで会いましょう!そして繋がりましょう!