「体力メンテナンス」とは

様々な社会問題に目を向けながら、
「生命活動の基礎となる体を動かす力」を養います。

メインイメージ

一般社団法人体力メンテナンス協会は、さまざまな社会問題に目を向けながら、多くの皆さまと共に
たった一度の人生をより豊かに、より理想的に過ごしていけるよう、体力のメンテナンスこそが全ての基本と考え
「生命活動の基礎となる体を動かす力」を養う方法の普及活動を行っています。

  • すべては「体力不足」から

    すべては「体力不足」から

    どんなに眠っても、どんなに食べても、どんなに休んでも、カラダがスッキリしない。ココロがすっきりしない。毎日元気に頑張っているけれど、湧き出るような気力がない。どんな方でもココロとカラダのバランスが取れなくなってしまうことがあると思います。また、今までのように冴えたアイディアが浮かばない、仕事の生産性やクオリティーがあがらない、集中力が落ちたということありませんか?これは、怠けているわけでも、衰えているわけでも、やる気がないわけでも、疲れているわけでもありません。すべて「体力不足」から起こるのです。

  • 「真の体力」とは、生きるためのエネルギー

    「真の体力」とは、生きるためのエネルギー

    体力には自信があると思っている方も多いかもしれません。しかし例えば、筋力をつけ強い体を作っているにも関わらず、風邪を引きやすい、落ち込みやすい、ということはありませんか?なぜでしょう?それは本当の体力が足りていないからです。ここで申し上げている体力とは、「生命活動の基礎となる体を動かす力」のことです。この生きるためのエネルギー物質を身体の中で生産する事こそが、何よりの基本であり全ての問題の解決策だと、一般社団法人体力メンテナンス協会は考えます。

  • 体力をメンテナンスして輝く人生に

    体力をメンテナンスして輝く人生

    体力をケアする事で、やる気・気力・想像力・集中力の向上に繋がります。ココロとカラダは繋がっているのです。大きな芯で1つに繋がっています。だからこそ、カラダをメンテナンスすることで心も大きく変わります。ブレないカラダが変化に応じることのできるしなやかでブレないココロと、迷いのない人生を作り上げていきます。心や気力をコントロールし、安定した精神を保つのは難しく、またこの部分が弱ると鬱などの病気、ひいては自殺など社会問題ともなる重い状態も引き起こします。

各分野の専門医

菱川 良夫

輝かせたいと願う人々を応援しています。

がんの治療は日進月歩。現在は治療の選択肢がたくさん存在し、患者さんが治療を選ぶ時代です。しかし、どんな治療法であっても、前向きな気持ちを保ち人生を楽しく過ごす事が治療成功には欠かせません。私は「幸せな医療の提供」をセンターのスローガンに掲げ、一般財団法人メディポリス医学研究財団メディポリスがん粒子線治療研究センター・センター長として、患者さんやご家族と直接お話しする「懇話会」を続けています。人間だからこそ、カラダとココロ、両方のケアが必要だと考えています。

もしもの場合に、穏やかな気持で前向きに治療に取り組むためにも日頃の検診がとても大切。大切な家族を思うからこそ「お誕生日には健康の確認に行く」。
優しく元気に、人生をイキイキと輝かせたいと願う人々を応援しています。

  • 菱川 良夫
  • 菱川 良夫
  • 菱川 良夫
  • 菱川 良夫

一般財団法人メディポリス医学研究財団
メディポリスがん粒子線治療研究センター センター長
菱川 良夫

西野 仁雄

多くの神経細胞を育てて楽しい人生を生きましょう。

脳は、千億を超す神経細胞が互いにネットワークを作り、色々な機能を生み出している(感覚、運動、感情、意思、言語、記憶など)死ぬまでボケないための10の習慣の中にも出てくる脳を若く健康に保つための方法としてもっとも重要なのが、1.体の健康に留意し、そして運動すること(気持ちよく身体を動かす)、2.興味・関心を持ち行動に移していくこと、3.ありがとうと感謝する心を持つことです。
脳もまた、体を動かしコミュニケーションをとることで活性化され、年齢を重ねても神経細胞が新たにつくられていくのです。脳の喜ぶ行動を取り入れ、年齢を重ねるごとにより多くの神経細胞を育てて楽しい人生を生きましょう。

脳科学医学博士 西野 仁雄

山下 守

ママさんたちの交流の場としても人気があります。

出産後もママが心身ともに健康であるために運動は最適です。年間7,000人の赤ちゃんが産まれるベルネットでも、 ヨガやビクスなどの産後教室を実施しており、ママさんたちの交流の場としても人気があります。

医療法人葵鐘会 理事長 山下 守

吉川 羊子

すっきり出して健康な生活を送りましょう!

年齢に関係なく、尿漏れや頻尿、便秘や下痢など排尿や排便の問題に悩む人は少なくありません。スグにお薬に頼るのではなく日々の食事や睡眠、そして適切な運動が排泄コントロールにとても有効であり、快適な排泄をもたらします。体のバランス・コントロールに必要な体力をつけることで多くの問題は解決されます。すっきり出して健康な生活を送りましょう!

泌尿科医 あいち排泄ケア研究会 吉川 羊子

松本 大輔

日本ではまだまだ少ないのが現状です。

欧米では当たり前のように専門家による産後ケアを受けることができます。しかし、日本ではまだまだ少ないのが現状です。産後ケアでは「身体の立て直し」と「体力をつける」ことが非常に重要になります。そのためには、産後に時期に合わせた運動(特に有酸素運動)を定期的に続けることで、「体重減少」「自律神経の調整」や「精神的なストレスを改善」に効果的であることが科学的に証明されています。

大学教員(理学療法士) 松本 大輔