はずむ身体はずむ心ではじまる私

ABOUT

体力メンテナンス協会

体力メンテナンス協会では、
生命活動の基礎となる
体を動かす力を養う方法の
普及活動を行っています。

READ MORE

TOPICS

引き続きコロナウィルスやそれにまつわる騒ぎの収束がまだ見えてこない状況ですが、
以前は「コロナ前のような状態に戻ったら」という言葉をよく耳にしましたが、
最近は「もう元のようには戻らない」という感覚がたくさんの人に生まれてきているように感じます。

それを、悲しいことと捉えるか、希望と捉えるかは、その人次第。

宇宙の進化があり、地球の進化があり、人類の進化がある。
この進化の過程において、いままでもこのようなことを人類はなんども乗り越えてきたのでしょう。
何かをアップデートしつづけることが、人の進化には必須なのです。

協会のスローガンである「はずむ身体 はずむ心で はじまる私」
これはまさにこのアップデートも意味するものだと感じています。

今のこの環境を、自分にとって活かし良いものにするか、嘆き悪しきものにするかは、
その人の身体と意識の状態によって、無意識的なレベルで、自動的に選んでいってしまうのです。

人には、肉体を整えることで、自動的に意識や心すらアップデートさせる素晴らしい機能が備わっています。
解剖学、運動生理学、脳科学、心理学、などでも裏付けされているように、
ボールの上にポンと座り、身体を弾ませることで、その機能が目覚めていきます。

朝、起きた瞬間から、一日が始まるのをわくわく楽しみに感じられる、
また、憂鬱や不安な気持ちが浮かぶこともない、そんな日々は自分でつくることができるのです。

この時代をどう捉えるかを左右する思考や精神力や行動力をつくりあげる「体力メンテナンス」は、
今日だれでも今すぐどこでも始めることができます。

今は乗り越えることができないように思えるどんなに無理そうな大きな難題も、その奥に必ず光があります。
そして、その難題のように見えるものもいつか必ず終わりを迎えます。

今は、人とのリアルな交流も厳しくなり、前のようにたくさんで会ったり、
国をまたいでの活動も気軽にできないようになりましたが、
また交流が再開できるときのために、私自身、今できることを最大限準備しておく時期だと捉えています。

体力メンテナンス協会では、オンラインでのつながりや講座の強化を急速で深めたり、
パンフレットの英語バージョンを作成したり、英語でレッスンできるようなワークショップの準備を進めています。

さあ、このジャンプの前の屈伸のような時期、あなたはどのような準備していますか?
体力足りていますか?


英語版パンフレットのダウンロードはこちらから(日本語版もダウンロードできます)
http://www.pca-tairyoku.or.jp/company/


一般社団法人体力メンテナンス協会
代表理事 上野玲奈

NEWS

COLUMN

SPONSORS

  • 株式会社コーセー
  • 夢コーポレーション株式会社
  • 株式会社ネオナチュラル
  • 愛知エンゼル株式会社
  • 株式会社スパイス
  • 医療法人葵鐘会
  • 公益財団法人公益推進協会
  • 一般財団法人 公衆保健協会
  • Iandrink
  • バブリータマミ